支援者メッセージ

pic_kurokawa

黒川清氏政策研究大学院大学 客員教授・医学博士

世界に羽ばたく人材の育成を!

世界標準のコミュニケーション力を持つには、会話や発音よりも、しっかりとした考えをもとに発言していくことが大切である。その意味で、早期に英語スピーチ力をつけるのは望ましい。また、世界では、新しい価値を創造するためのディベートをしていく必要があるが、日本人の場合、意見と個人を区別しにくい場合の多いことが問題になってしまう。その解消に向け、青少年の頃から英語ディベートを学ぶことは有効であろう。自分の意見だけでなく、賛成と反対の双方を考え、立場を変える訓練をするのがディベートだからだ。NFLJには大きな期待をしている。ぜひ日本中に広げ、世界で活躍できる日本人を増やしてほしい。

Blog:Kiyoshi Kurokawa.com

pic_urushi

漆 紫穂子氏品川女子学院校長・教育再生実行会議委員

グローバル時代の課外活動に

私が校長を務める品川女子学院では、女性の人生のターニングポイント、28歳の未来から逆算する「28プロジェクト」を教育の柱にしています。生徒が28歳になるとき、社会はどのように変化しているでしょうか。ITの発達で世界はどんどん小さくなり、環境問題は国境を越えて進んでいきます。そんな未来にどんな志を実現するにも、他者と協働するコミュニケーション能力、共感力は欠かせません。そして、その発信手段としての英語力は「未来を支える基礎スキル」と言えるでしょう。NFLJの大会へのチャレンジは、国をこえて世界のスピーカー・ディベーターと対戦することができるまさにグローバル時代にふさわしい、課外活動と言えます。今後の発展を大いに期待しています。

pic_iwase

岩瀬 大輔氏ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長

自分の世界を広げるきっかけに!

ダボス会議などの国際会議で感じることは「日本で通用する議論をしていれば世界に通用する」ということです。しかし、それをきちんと英語で表現できる方が日本にはまだまだ少ない。それが日本の弱みであり、日本を発信できる人が増えてほしいと願っています。ただ同時に、個人のレベルでは、全員が全員、英語を身につけておく必要はないとも考えています。それでもあえて声を大にしたいのは、英語を身につけておくと人生が確実に楽しくなるということです。ぜひNFLJの大会にチャレンジし、世界の友人とつながるきっかけを得てみてください。きっと世界が広がるはずです。

pic_ihara

井原 慶子氏国際レーサー

英語を“体得”するチャンス!!

私が必死に英語を学んだのは、チームメンバーとのコミュニケーションミスが命の危険に直結するからでした。修理を担うエンジニアに疎まれながらも、彼らとの会話の中で“体得”した英語でのコミュニケーション能力は以来、私のレース人生を支え続けてくれています。ディベートでは相手の主張を正確に聞き取らなければ、反論をすることができません。その意味で、レースと同じ、“一瞬”の勝負の連続といえます。日本の多くの青少年がNFLJの大会を志し、英語でのコミュニケーションを“体得”され、グローバルに活躍するきっかけを得られることを祈念しております。

NFLJへの参加方法はこちら

  • Become a Corporate Sponsor
  • NFLJ Forum
  • プロモシオンビデオ
  • TOKYO MX NEWS
pagetop